調停離婚

法律上の離婚原因は乏しかったが、離婚調停に引き出すことにより、離婚を成立させた事例

【属性】(ご依頼者) 女性 40代半ば  職業 会社員     (相手方)  男性 50代前半  職業 自営 【未成年の子ども】長男1人(19歳)大学生 【同居・別居】同居中 【財産】自宅不動産 残債:約900万円 【解決までに掛かった期間】約4か月 【解決手段】調停 期日の回数:2回 依頼のきっかけ  依頼者が相手方との離婚を決意した理由は、①相手方の度重なる転職、②相手方の無断
続きを読む >>

モラハラを受けていたものの、明確な離婚原因のない事案において、調停を申立てることで3か月のスピード離婚を成立させた事例

【属性】(ご依頼者)女性 40代  職業 事務員     (相手方) 男性 50代  職業 会社員 【未成年の子ども】なし 【同居・別居】別居1か月 【財産】預貯金少額 【解決までに掛かった期間】約3か月 【解決手段】調停 期日の回数:2回 依頼のきっかけ  依頼者は、結婚後しばらくしてから、相手方から「頭がおかしい」「金銭感覚がない」など暴言を吐かれたり、家庭内で無視されるなどし
続きを読む >>

別居期間が10年以上に及ぶ相手方に対して、速やかに調停を申し立て解決金100万円を支払うことで離婚が成立した事例

【属性】(ご依頼者)男性 50代  職業 会社員    (相手方) 女性 50代  職業 アルバイト 【未成年の子ども】なし(成人) 【同居・別居】別居10年 【財産】不動産(自宅)、預貯金約500万円 【解決までに掛かった期間】約3か月 【解決手段】調停 期日の回数:2回 依頼のきっかけ  依頼者は、相手方と既に別居生活が10年以上に及んでいたところ、長男の結婚と長女の就職を機に相
続きを読む >>

夫からの暴力を理由に家を出て、早急に子の監護者指定の申立てを行うことで親権を獲得し、調停で離婚が成立した事例

【属性】(ご依頼者)女性 20代 職業 アルバイト    (相手方) 男性 20代 職業 会社員 【未成年の子ども】長男(4歳) 【同居・別居】事件依頼後別居 【財産】マンション(但し、オーバーローン)、預貯金数十万円 【解決までに掛かった期間】約9か月 【解決手段】調停 期日の回数:6回 依頼のきっかけ  依頼者は、相手方と口論となった際に暴力を受け、身の危険を感じたため、着の身着
続きを読む >>

財産が多岐に渡る財産分与について、依頼者の家事育児に対する寄与度を主張することで、7:3の割合で調停を成立させた事例

【属性】(ご依頼者)女性 50代後半  職業 会社員    (相手方) 男性 60代前半  職業 会社員 【未成年の子ども】なし(成人) 【同居・別居】別居 【財産】不動産(自宅)、預貯金、生命保険、退職金 【解決までに掛かった期間】約9か月 【解決手段】調停 期日の回数:10回(2回目から当職受任) 依頼のきっかけ 依頼者は、自分で相手方に対する離婚調停を申立てていたが、相手方に弁
続きを読む >>

調停離婚を弁護士に依頼することで、早期に納得できる条件で調停が成立した事例

【属性】(依頼者)男性 40代   職業 自営    (相手方)女性 40代   職業 アルバイト 【未成年の子ども】3人 【同居・別居】別居1年 【解決までに掛かった期間】約5か月 【解決手段】調停 期日 4回 【依頼のきっかけ】 依頼者は、相手方の不貞行為を知った後約5か月の別居を経て離婚を決意し相手方に離婚を申入れたが相手方が離婚には応じるものの離婚条件の協議に応じないため、自分
続きを読む >>

不成立となった調停において再度申し立てを行い、未払いの婚姻費用及び財産分与を獲得することができた事例

【属性】(ご依頼者)女性 50代前半  職業 パート    (相手方) 男性 50代前半  職業 会社員 【未成年の子ども】0人 【同居・別居】別居 【財産】預金等 【解決までに掛かった期間】約1年5か月 【解決手段】調停 期日の回数:9回 【依頼のきっかけ】 依頼者は、相手方からの暴言や精神的な虐待に耐え切れず、実家に戻り別居した。その後、依頼者自ら離婚調停の申立を行った。 しか
続きを読む >>

財産分与において、住宅ローン借り換えにより自宅を取得できた事例

【属性】(ご依頼者)女性 30代後半  職業 専業主婦    (相手方)男性  40代前半  職業 会社員 【未成年の子ども】2人(6歳、4歳) 【同居・別居】別居中 【財産】自宅不動産(共有名義) 夫名義の住宅ローン残債あり 【解決までに掛かった期間】約1年7か月 【解決手段】調停 期日の回数:10回 【依頼のきっかけ】 依頼者は、相手方と喧嘩の絶えない婚姻生活に心身とも疲れ心療内
続きを読む >>

離婚後も相手方名義の自宅に居住し続けることで調停が成立した事例

【属性】(ご依頼者)女性 30代前半  職業 専業主婦    (相手方)男性 30代前半  職業 会社員 【未成年の子ども】3人 【同居・別居】別居 【財産】自宅不動産(相手方名義) 【解決までに掛かった期間】約2年 【解決手段】調停 期日の回数:6回 【依頼のきっかけ】 相手方が依頼者及び子供らを置いたまま自宅を出て行き、その後、相手方の弁護士から依頼者宛てに離婚申入れの通知が届い
続きを読む >>

モラハラ夫との離婚において、早期に調停に移行したことで希望通りの財産分与を獲得することができた事例

【属性】(ご依頼者)女性 40代前半  職業 パート    (相手方) 男性 50代後半  職業 会社員 【未成年の子ども】2人 【同居・別居】相談時同居、その後別居 【財産】自宅不動産他不動産多数(相手方名義) 【解決までに掛かった期間】約2年7か月 【解決手段】調停 期日の回数:17回 【依頼のきっかけ】 依頼者は、相手方のモラハラにより、相手方が帰宅する時間になると、動悸がする
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

当事務所では、離婚が成立しさえすればよいというのではなく、依頼された方の離婚後の生活がよりよいものになるように、常にそれを見据えながら離婚案件の処理を進めます。

ご相談される方の話を丁寧に聴いて状況を正確に把握したうえで、離婚原因の問題、お金の問題、子どもの問題、それら問題ごとにご相談される方の置かれた状況を整理し、将来も 見据えたBestな解決策を示します。

主なご相談エリア

町田市相原町、町田市小山ヶ丘、町田市小山町、町田市小山田桜台、町田市上小山田町、町田市木曽町、町田市木曽西、町田市木曽東、町田市下小山田町、町田市図師町、町田市忠生、町田市常盤町、町田市根岸町、町田市根岸、町田市矢部町、町田市山崎町、町田市山崎、町田市大蔵町、町田市小野路町、町田市金井町、町田市金井、町田市真光寺町、町田市真光寺、町田市鶴川、町田市能ヶ谷、町田市野津田町、町田市広袴町、町田市広袴、町田市三輪町、町田市三輪緑山、町田市薬師台、町田市旭町、町田市玉川学園、町田市中町、町田市原町田、町田市本町田、町田市南大谷、町田市森野、町田市小川、町田市金森、町田市金森東、町田市高ヶ坂、町田市つくし野、町田市鶴間、町田市成瀬、町田市成瀬が丘、町田市成瀬台、町田市西成瀬、町田市東玉川学園、町田市南つくし野、町田市南成瀬、町田市南町田、相模原市、大和市、八王子市、日野市、多摩市、府中市、稲城市、狛江市、調布市

最新情報・解決事例

  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • アクセス
TOPへ戻る