妻(嫁)が浮気しているかもしれない

4G2A29170001 「妻(嫁)が浮気をしているのでは?」と思い始めると、何もかもが疑わしく感じてきてしまうものです。「裏切られた!」「許せない」「誰のために毎日仕事頑張っていると思っているんだ!」と怒りがこみ上げてきたりすると思います。

 しかし、ここで感情に任せて、むやみに問い詰めたり、行動を監視しようとするのは得策ではありません。もしかしたらあなたの勘違いということもあるかもしれません。妻(嫁)が浮気しているかもしれないと思ったら、まずは下記のチェックリストで当てはまる点を確認してみてください。

妻(嫁)の浮気 チェックリスト

① 仕事の帰りが遅くなってきた
② 残業が増えた
③ 泊まりの出張が増えた
④ 休日出勤が増えた
⑤ (主婦の場合)昼間家に電話しても、留守または電話に出ないことが増えた
⑥ (主婦の場合)よくスケジュールを確認してくるようになった
⑦ 女友達との食事会(女子会)や旅行の回数が増えた
⑧ 服装や髪型が以前と変わってきた
⑨ 今まで着なかった下着を着るようになった
⑩ 携帯電話を常に持っている
⑪ 携帯を見る回数が増えている
⑫ よくメールを打っている
⑬ メールや電話の履歴を消している
⑭ 会話が減った
⑮ 香水が変わった
⑯ 帰宅後すぐにお風呂に入るようになった
⑰ 残業や出張に不満を言わなくなった
⑱ 休日にゴルフや遊びに行くことを勧めるようになった
⑲ 性行為を拒否するようになった

 チェックリストに3つでも当てはまったら、浮気をしている可能性があります。特に、妻(嫁)が浮気している際は、「性行為を拒否する」傾向があります。「そんな気分じゃない」や、様々な理由をつけて性行為を拒否するので、あなたの妻(嫁)が性行為を拒否してくるようでしたら、浮気を疑ってもよいかもしれません。

 妻(嫁)が浮気しているかもといった場合、「お前浮気しているだろう」と問い詰めたくなってしまいますが、問い詰めても、「私が浮気している証拠あるの?」と言ってきたり、その後証拠を隠されたり、捨てられたり、削除されてしまったりと、肝心の証拠を集めるのが難しくなってしまう可能性があります。決定的な証拠を突き付けない限り、どんなに問い質したところで、妻(嫁)が浮気の事実を認めることはまずありません。

 あなたが妻(嫁)に対して、問い詰めたい気持ちは分かりますが、まずは冷静になって、証拠を集めることに徹してください。証拠を掴めれば、この先離婚するのか、または離婚せずに相手との交際をやめさせるために慰謝料請求するかなど今度の方針はあなたの手の中にあります。

 仮に、妻(嫁)から性格の不一致等を理由に離婚したいと申し入れられても、不倫をしている妻(有責配偶者)からの離婚請求は原則認められませんので、あなたが離婚したくない場合にも有利な材料となります(但し、未成熟の子供がいない場合、以後別居期間が5,6年以上と長期間に及べば離婚請求が認められる場合はあります)。

どのような証拠が必要か

photo2906 自分で集める場合、最も身近なものが、携帯電話のメールです。浮気の証拠となるようなメール本文と送受信した日時がわかるように写真を撮っておくことです。浮気の証拠となるメールとは、性交渉をうかがわせるものであれば分かり易いですが、例えば、深夜に発信したメールで「今日も良かったわ。次回○○に会うのが楽しみだわ」や「早くあなたの元に行きたいわ」というようなメールが複数あれば、状況証拠として有効となってきます。

 メールを見ることができる場合は、できるだけ多く写真を撮ってください。撮影できましたら、証拠として使えそうかを弁護士にご相談ください。

 携帯にロックがかかっている場合は、妻(嫁)との会話を音声で録音しておくことが有効です。普段の会話だと気を抜いていることもあり、ポロっと自白してしまうこともあります。例えば、「先日の火曜日は○○さんと遊びに行くとお向かいのAさんから聞いたけど?」と言ってみると「どうしてAさんがそれを知っているの?」とポロっと言ったりすることもあります。

 ただし、気をつけなければいけないのは、「録音しているのだから、言わせなくては」と気負ってしまい、あなたから、全て話してしまい、妻(嫁)が「うん」、「いいえ」、「違う」というような答えしか言っていない場合は、証拠として使えない場合があります。録音する場合は、うまく妻(嫁)に自ら事実を語らせることが重要です。

 どうやったら、上手く妻(嫁)から話を引き出せることができるかは弁護士にご相談ください。弁護士は交渉のプロとして、あなたからお話を聞き、質問のネタになりそうな出来事やあなたの性格や夫婦関係、妻(嫁)の性格や行動パターンをお聞きして、どのように話せば妻(嫁)から話を引き出せそうかをご提案できます。

 勿論、ラブホテルに入っていく写真、出て行く写真という決定的な証拠を押さえることができればベストですが、これを自分でされる人はあまりいらっしゃいません。調査会社を雇って依頼するというケースがほとんどです。

離婚や慰謝料を請求するには

 不倫・浮気を理由に離婚や慰謝料請求をする場合は、相手が言い逃れできない証拠が必要です。あなたが証拠だと思っても、証拠とならない場合もありますし、調査会社が出した報告書でも、浮気の証拠としては不十分なケースもあり、交渉で話がまとまらず、裁判になってしまった際に、その証拠が使えず、あなたの希望通りの結果にならない場合があります。

 「妻(嫁)が浮気しているかも」という疑いがある場合は、当事務所の弁護士にご相談してください。弁護士は裁判になった場合を想定して、どのような証拠だと、裁判でも認められるかを事前に見極め、あなたの相談にのることが可能です。

・妻(嫁)が浮気しているかもしれない
・こんなメールがあるけど、証拠になるか
・どうすれば、妻から話を引き出せそうか
・自分の場合は、どうやって証拠を集めればよいか
・浮気相手に慰謝料請求をしたいが、どう進めればよいか

 弁護士に相談するタイミングとしては、妻(嫁)が浮気しているかもしれないと疑うことがあった時点、チェックリストに当てはまることが3つでもあるという場合や、性行為を拒否するようになったという段階で相談されることをおススメします。この段階で弁護士に相談するのは勇気がいることかもしれませんが、不倫・浮気の慰謝料請求の経験豊富な弁護士に相談しておくことで、気持ちが落ち着き、今後のことを冷静に考えた行動が取れるでしょう。
 また、あなただけでは証拠が集められない場合に、浮気調査に強い調査会社を御紹介させていただくことも可能です。

 当事務所は初回60分の無料相談を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。あなたのために最適な方法のご提案をいたします。

初回相談料無料(60分)042-710-8901 受付時間 平日9:00~19:00 夜間・土日祝日応相談 詳しくはこちら

最新情報・解決事例

  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • アクセス
TOPへ戻る