うつ病と離婚

photo19
 最近、「うつ病の配偶者と離婚をしたい」という相談を受ける機会が多くなってきました。

 配偶者が単にうつ病になっただけの場合は、うつが治るように寄り添っていこうとされる方が多いのですが、うつ病になった後に突然自宅で暴れ出したり、お金を浪費したり、長文のメールで罵倒してきたりすることで、もうこれ以上寄り添っていくことが出来ないと思われ離婚を考える方が多いようです。


 配偶者がうつ病になった場合、うつ症状を発症したのはいつか、現在服用している薬があるか、いつから薬を服用しているか、を明確にしておく必要があります。ご相談の中には、「(結婚をして、)お前(あるいはアナタ)のせいでうつ病になった」などと責められる方もいるようです。

 うつ病の配偶者と離婚をしたいと考えた場合、単にうつ病を原因としての離婚は難しく、本人同士が合意していれば離婚できますが、相手方が認めない場合は、まず別居をし、夫婦の婚姻関係が破綻しているという状態を作ることからはじめることになります。

 うつ病の方のなかには、周りから見ればうつ病だと思われるような状態でも、本人がそれを認めずに治療を行わないというケースも少なくありません。治療をすれば徐々に症状は改善していきますが、治療をせずに放置すれば、いっこうに問題は解決せず、あなたの精神的な負担は大きくなるばかりです。

 1人で悩まずに、まずは弁護士にお気軽にご相談ください。

初回相談料無料(60分)042-710-8901 受付時間 平日9:00~19:00 夜間・土日祝日応相談 詳しくはこちら

当事務所では、離婚が成立しさえすればよいというのではなく、依頼された方の離婚後の生活がよりよいものになるように、常にそれを見据えながら離婚案件の処理を進めます。

ご相談される方の話を丁寧に聴いて状況を正確に把握したうえで、離婚原因の問題、お金の問題、子どもの問題、それら問題ごとにご相談される方の置かれた状況を整理し、将来も 見据えたBestな解決策を示します。

主なご相談エリア

町田市相原町、町田市小山ヶ丘、町田市小山町、町田市小山田桜台、町田市上小山田町、町田市木曽町、町田市木曽西、町田市木曽東、町田市下小山田町、町田市図師町、町田市忠生、町田市常盤町、町田市根岸町、町田市根岸、町田市矢部町、町田市山崎町、町田市山崎、町田市大蔵町、町田市小野路町、町田市金井町、町田市金井、町田市真光寺町、町田市真光寺、町田市鶴川、町田市能ヶ谷、町田市野津田町、町田市広袴町、町田市広袴、町田市三輪町、町田市三輪緑山、町田市薬師台、町田市旭町、町田市玉川学園、町田市中町、町田市原町田、町田市本町田、町田市南大谷、町田市森野、町田市小川、町田市金森、町田市金森東、町田市高ヶ坂、町田市つくし野、町田市鶴間、町田市成瀬、町田市成瀬が丘、町田市成瀬台、町田市西成瀬、町田市東玉川学園、町田市南つくし野、町田市南成瀬、町田市南町田、相模原市、大和市、八王子市、日野市、多摩市、府中市、稲城市、狛江市、調布市

最新情報・解決事例

  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • アクセス
TOPへ戻る