女性のための離婚相談

・離婚を考えているが、なるべく人に知られたくない。
・離婚を考えているが、夫は応じてくれそうにない。別居すべきかどうか迷っている。
・離婚を考え別居したが、今後どのように話を進めていけばいいのかわからない。
夫が不倫をしている。財産の請求をして、きっぱりけじめをつけ、新しい生活をスタートさせたい。
・離婚後の生活に金銭的な不安がある。
子の親権についてもめている。
夫の暴力が怖く、相談していること自体を知られたくない。
突然離婚を迫られて、どうしていいかわからない。

などというようなお悩みを抱えている女性の方は多数いらっしゃると思います。

そのような悩みを抱えている女性の方は、通常、男性である夫より弱い立場に置かれています。
また女性特有の問題も悩みもあるでしょう。

当事務所では女性のための離婚相談室として、特に以下の点を心がけています。
安心してご相談ください。

女性のための離婚相談

① プライバシー厳守

皆様が離婚を考えるに至った/考えなければならなくなったのは、大変繊細な事情があるからでしょう。当事務所は、ご近所や職場はもちろん、ご家族にも秘密で手続ができるような対応を心がけております。

② 個別段階に合わせたカウンセリング

離婚を考えているといっても、その段階は人それぞれ様々かと思います。当事務所では離婚手続に関する法律的な相談だけでなく、ご相談者の現状や将来図に合わせたカウンセリングを実施します。

・離婚の意思がはっきりしなくてまだ迷われている方
・今すぐにでも離婚したい方
・離婚の準備を進めていて、法律的なサポートを受けたい方
・既にご自身で法的手続に入ったが弁護士のサポートを受けたい方、あるいは弁護士に任せたい方

などのご要望に応じ、可能な限りのご対応をさせていただきます。

③ 離婚後の生活を見据えた解決及びアフターフォロー

離婚は、成立したら全て終わるのではなく、離婚後も、養育費の支払い、子どもとの面会交流、年金分割、氏(名字)の変更、子どもの戸籍の移動など、様々な問題が残ります。

当事務所では、離婚が成立しさえすればよいというものではなく、依頼された方の離婚後の生活がより良いものになるように、常にそれを見据えながら離婚案件の処理を進めます。また離婚後の様々な相談にも対応しています。

④ 女性側に立ったアドバイスをします

photo2883男性の弁護士だと女性の気持ちを汲み取ってもらえず、良い解決をできないとお考えの方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのようなことは当事務所ではありません。

個人の尊厳という法律家にとって最も重視すべき価値観からすれば男性女性の区別はありません。

当事務所の弁護士は、離婚において弱者であることが多い女性の立場・気持ちを十分に汲み取り共感することが離婚問題を解決する最初の一歩と考えています。

むしろ、最近増加しているモラハラやDV(夫婦間の家庭内暴力)が問題となる案件においては、加害者である夫が男尊女卑の思考が強い男性である場合が多く、対面する弁護士が女性であると分かるとそれだけで攻撃的な言動を現すことがあります、そのような男性に対し毅然と対処するには男性弁護士の方が適任かもしれません。

当事務所では、女性の視点に立った離婚に関する充実したサービスを提供させていただきます。

まずは一度、お気軽にご相談ください。

初回相談料無料(60分)042-710-8901 受付時間 平日9:00~19:00 夜間・土日祝日応相談 詳しくはこちら

最新情報・解決事例

  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • アクセス
TOPへ戻る